見学者がありました

5月16日(月)

神奈川県高座郡寒川町議会議員の皆様(7名)が、弊社食品リサイクル工場に見学に来られました。

寒川町は神奈川県湘南地域北部に位置し、人口約48500人、東日本で2番目(全国では4番目)に人口の多い町との事です。

寒川町においてもゴミ減量の問題は大きな課題となっていて、弊社と日置市の取り組む「生ごみリサイクル事業」に大きな関心を寄せていただいており、今回の施設見学を実施されました。

一般家庭から「よかんど」製造に至るまでの「よかんどシステム」や

製造された「よかんど」についても多くの質問と活発な意見をいただき、弊社にとっても大変有意義な時間を持つことができました。

県内外を問わず、「地球にやさしい環境つくり」を目指し、より多くの方々と共に活動を進めていきたいと思います。

 

有機JAS資材リスト登録証を取得しました

弊社が製造・販売している「よかんど」が

有機JASの登録資材として登録されました。

 

有機JAS規格には4つ(有機農産物、有機加工食品、有機飼料、有機畜産物)あります。

「よかんど」は有機農産物の規格に適合し認証を受けました。

有機農産物のJAS規格には

「農業の自然循環機能の維持増進を図るため」

「農業生産に由来する環境への負荷をできる限り軽減した栽培管理方法を」とあります。

つまり、「自然に優しい農法」としての有機栽培の基準を定めたものといえます。

 

最近は、この「有機」「オーガニック」「自然」「ナチュラル」といった多様な表現がなされ、私たちの身の回りには

多くの製品や食品があふれています。しかし実際には、どのような生産過程を経たものなのか、

自分の望むものなのかの判断が難しくなってきました。

こうした混乱と、国際的な基準化の流れの中で、JAS法が改正され「有機認証制度」が始まりました。

この認証を受けたもののみが「有機農産物」「有機加工物」として表示できます。

 

そして、この有機JASマーク貼付のあるものだけが、「有機」「オーガニック」という言葉を使用できます。

弊社の取り組む「よかんどシステム」によって製造される「よかんど」は

有機JASの定義、企画に見事に合致しており、今回の認証を受けました。

今まで以上に自信と責任を持って、これからも取り組んでいく所存です。

 

「よかんど」にご興味を持たれている方は、お気軽にお問い合わせください。

店頭販売も行っています。

「よかんど」販売開始のお知らせ

弊社の取り組む「よかんどシステム」により製造された

有機堆肥「よかんど」の販売を4月1日より開始いたします。

「よかんど」ってどうなの? そもそも何?

試してみたいけど農業経営者しか購入できないのでは?

と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、

1袋(10kg入)から購入可能です。

まずは、ご家庭のプランターや家庭菜園などから使用されてみませんか?

野菜や植物の成長の違いを実感していただけると思います。

自分達で育てた野菜が食卓に並び、廃棄された生ごみが堆肥になり、

その堆肥を使用して新たな食材を育てる・・

これで貴方もSDGsに取り組むメンバーの仲間入りです。

少しでも興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

ご連絡お待ちしております。

*販売開始特典として4月1日から4月30日までの期間にご購入いただいた方には

粗品をプレンゼントさせていただきます。

 

・販売開始日    4月1日から

・販売方法     当面の間は店頭販売のみとなります。

・販売単位/単価   1袋(10kg入)・・・300円(税込)

*100㎏単位以上でのご購入希望の方は在庫確認等をいたしますので、

あらかじめお電話にてご連絡下さい。

・支払い方法    現金のみの取り扱いとなります。

 

・お問い合わせ先  (株)丸山喜之助商店

☎099-273-2501

・営業時間     月曜日~金曜日(8:00~17:00)

休業日/土曜日・日曜・祝日